福岡市中央区天神 村上歯科クリニック インプラント 口腔外科 親知らずの抜歯 審美歯科 ホワイトニング 歯列矯正歯科









歯列矯正歯科

歯列矯正の症例

叢生(そうせい・乱ぐい歯)

歯列矯正前1年半経過

歯列矯正前1年経過

上顎前突(じょうがくぜんとつ・出っ歯)12歳


前歯がかなり出ていました。



上下の歯を2本ずつ抜いて装置を付けました



2年後、全ての歯がしっかりと咬み合い、横顔もとても美しくなりました。

治療前治療後



反対咬合(はんたいこうごう・受け口)15歳


前歯が反対咬みで八重歯もありました。
1年8ヶ月後きれいな歯並びになりました。
八重歯、受け口も解消されています。



開咬(かいこう)35歳

開咬(かいこう)とは――

奥歯で咬んだ時、前歯が咬み合わず、空いている状態を言います。
前歯で食べ物を噛み千切る事が出来ませんでした
治療には目立ち難い白い装置(ブラケット)を使用しました
2年後、お蕎麦も前歯で咬み切れるようになりました



MTMマイナートゥースムーブメント
(少しだけの歯列矯正)

症例1 年齢35歳

前歯2本の隙だけが気になると来院されました
気になる歯にだけ装置をつけました
通院3回、2ヶ月で歯はくっつき、患者さんは満足されました。
後戻り防止の為、歯の裏側に細いワイヤーを接着剤でつけています



症例2 年齢 9歳

左右の2番目の歯が逆咬みになっています
歯に装置をつけて2週間でここまで出てきます
後戻りを考慮して2番目の歯をしっかりと前に出して治療は終了です(4ヶ月後)



症例3 年齢 12歳

前歯が離れていることだけを治して欲しいと来院されまました。
装置をつけました。
一ヶ月で治りました。
ただし、歯ブラシをさぼり気味で歯茎が腫れてしまいました。
装置をはずしてしっかり歯磨きをしたら、歯茎の腫れは治りました。



金具(ブラケット)の種類

通常のブラケット 目立ちにくい白いブラケット



歯に金具(ブラケット)をつける以外の歯列矯正装置の症例

急速拡大装置(上顎の幅を広げる装置)



ねじ式の拡大装置


装置につけたネジを少しずつ回すことで顎の幅を広げる装置
(顎の幅を5mm程度幅を広げるだけで歯並びが改善できる軽い症例で使用)


T4K


顎の幅を広げ、舌の悪癖を直し、かみ合わせを改善する取り外しの装置


FKO


わずかな反対咬合を治すための取り外しの装置(夜間使用)



美しい横顔―エステティックライン

当院の歯列矯正治療では、『全ての歯がしっかりと咬み合う事』と共に、『美しい横顔』になる事も考えています。

歯列矯正で言う美しい横顔とは、『鼻のてっぺんと、下顎の先を結んだ直線の中に上下の唇が入っている状態』をいい、これをエステティックラインといいます。

テレビや雑誌に出てくる芸能人の横顔を気をつけてご覧になると、男女ともに多くの芸能人の横顔がこれに当てはまります。

一般の方も歯列矯正治療をされると、横顔がとても美しく整います。

特に上顎前突(出っ歯)の方は治療後の横顔がびっくりする程美しく変わります。

歯列矯正治療前 歯列矯正治療後



歯列矯正装置がついたらしっかり歯を磨きましょう

歯磨きをサボると、金具(ブラケット)の回りが白濁してしまいます。
この白濁は歯並びが治った後も残ってしまいます。


歯列矯正装置を付けた時は、歯ブラシや歯間ブラシを使って、日頃よりもしっかりと歯磨きをしましょう。
フッ素塗布やキシリトールの使用も効果的です。



当院の歯列矯正治療の実績

歯列矯正診療を開始した2000年から現在までに250人以上の患者さんが当院で歯列矯正を終了され、今も常時100人以上の方が、歯列矯正専門で治療中です。

そのうち半数が当院で歯科治療や歯列矯正治療をうけた方からの「紹介」で来院された患者さんです。




歯列矯正診療日

毎月 第1土曜日14:00~、第2土曜日14:30~
完全予約制です。







福岡県福岡市中央区天神4-2-20
天神幸(さいわい)ビル5F
医療法人 村上歯科クリニック
092-715-4180



Copyright(C) Murakami-DC.net